土日に交通事故について専門家に相談したいときにはどうするか

車1

交通事故でトラブルがあり、何か専門家に相談したいと思うこともあるでしょう。様々な相談窓口があるものの、ほとんどは平日の昼間にしか開いていないのが現状です。土日に相談したいという時にはどうしたら良いのでしょうか。

月曜日まで待てるのであればそれでも構わないですが、どうしても急ぎたいときの対策を知っておきましょう。


ほとんどの有名な相談先は平日の昼間だけ

交通事故に関して相談したいときには公的機関も民間機関も利用できます。代表的なのが地方自治体が運営している交通事故相談所や都道府県の交通安全協会の相談所です。また、相談窓口としてどの機関が適切なのかを聞くことも、法的な相談をすることもできるところとして、独立行政法人自動車事故対応機構の交通事故被害者ホットラインもあります。

これ以外にも日本司法支援センターの法テラスや日弁連交通時事故相談センターなども利用することが可能です。これらの場合には交通事故について全般的な相談ができ、内容に応じて適切なプロに対応してもらえるのが魅力でしょう。

しかし、どの機関も営利目的が強いところではなく、困った人たちのためのサービスとして運営されています。その影響もあって平日の昼間、9時から17時頃が窓口が開いている時間帯になっています。稀に土曜日に短い時間だけ開いていたり、週に1日だけ夜まで対応してくれたりする場合もありますが、上記のほとんどは平日の昼間にしか相談できません。

日本ではサービスの世の中になっていて、様々な業界で24時間、365日の営業体制が整えられてきています。

しかし、営利目的で他社との競争をしているような業界でないとなかなか土日も対応してもらうことはできないのです。

保険会社の対応すら平日の昼間だけ

交通事故に遭ってしまったときには保険関係の手続きも発生することが多いでしょう。任意保険に入っている時には加入している保険会社の窓口に相談することになります。自動車保険の内容について確認したい場合や、保険が下りるかどうかの判断をしてもらいたい場合などには窓口に連絡するのが基本です。

この窓口時間も平日の昼間だけというのが一般的になっています。中には、平日以外にも対応しているところもあるので、土日に相談したくなるケースがあるだろうと考えられる場合には保険会社を選ぶ基準として考慮しておいた方が良いかもしれません。

また、共済については共済相談所で相談できますが、やはり平日の昼間にしか対応してもらえないのが現状です。保険のトラブルに関する相談窓口も同様で、有名なところは土日にしか開いていません。保険が下りないのは本当なのかという疑問は交通事故の場合にはしばしばあります。

その際に相談できる専門家として交通事故紛争処理センターや自賠責保険・共済紛争処理機構がありますが、平日にしか対応してもらえないのです。

月曜日は混み合うので注意しよう

交通事故3

これだけ平日の昼間にしか開いていないことが多いので、必然的に月曜日は窓口が混み合うので注意しましょう。

土日に交通事故に遭ってしまったり、平日に遭った事故について整理していたら相談したいことができたりした場合には月曜日まで待たなければならないと考えるのが一般的です。

すると月曜日は朝からどの窓口にも問い合わせが殺到してしまいます。窓口で先着順に対応している場合には長蛇の列ができ、電話相談の場合にはなかなかつながらずに苦労してしまいがちです。本当に急ぎたいというときにはやはり土日の間に対応してくれる窓口を探して連絡した方が良いでしょう。

関連:交通事故では保険金のトラブルが多い!弁護士に相談して解決する!


土日にも対応している窓口の代表例

交通事故に関するトラブルについて専門家として土日にも対応してくれるところはあるのでしょうか。代表例として知られているのが法律事務所です。弁護士は法律に関わることであればオールラウンドに相談に応じてくれます。

弁護士によって得意不得意はあるのは確かですが、交通事故を専門として長年仕事をしてきている弁護士を選べばスムーズに話を進められるでしょう。弁護士に相談できる内容は幅が広く、加害者あるいは被害者として弁護してもらいたいときだけに利用するものではありません。

過失割合がどの程度なのかを事例に基づいて考えてもらうことなどもできます。保険会社との揉め事についても処理してもらえるので安心できるでしょう。ただし、どの法律相談所も土日にも営業しているわけではありません。

大抵の法律事務所はホームページを持っているので、営業時間を確認してから問い合わせるようにしましょう。平日は直接訪問しても大丈夫なのに対し、土日は予約制となっていることもあります。土日と平日で開いている時間が異なることもあるので、詳細が記載されていないときには予め問い合わせてから行くのが賢明です。

中には、24時間体制を整えているところもあります。困ったときにすぐに連絡できるようにしておくと便利でしょう。

関連:交通事故のトラブル!弁護士に相談して解決するまでの流れ!

メールで相談できるところも増えている

近くにある法律事務所のサービスを見てみて、自分の住んでいる地域には土日も対応しているところはないという結論に達してしまうこともあるかもしれません。しかし、それでもまだ土日に相談できる可能性はあります。法律事務所では弁護士と対面で相談するものだと想像している人もいるかもしれませんが、実は必ずしも事務所に訪れなければならないわけではありません。

簡単なアドバイスが欲しいというときなら弁護士に会わずともメール一通で済むとも考えられるでしょう。メールなら事務所が遠くにあっても何も問題はありません。メールでの相談に応じている法律事務所も増えているので利用を検討してみましょう。

メールなら土日でも夜中でも送ることはできます。ただ、いつ返信が返ってくるかわからないという心配があるのも確かです。事務所によって土日にもメールの返信をしているか、ただ受信するだけで平日に返信しているかは異なります。

急ぎの相談のときには気にかけておかなければならない点です。また、メール相談の位置付けも事務所によって違うので注意しましょう。本当にメールで悩みを解決しようとしてくれるところもあれば、あくまで窓口で詳しい相談をするための準備になっているところもあります。

すぐにでも答えが欲しいときにはいくつかの法律事務所にまとめてメールを送ってみるのが賢明です。その中の一つであっても真摯に対策を説明してくれれば相談して良かったと思えるでしょう。